キャッシング借り換え一本化

キャッシング借り換えで一本化!

キャッシングを低金利に借り換えて一本化したいと思ったことはありませんか?キャッシングは件数が増えてくると、どうしても毎月の利息が気になってきます。

 

まだ1社で50万円の借入なら借り換えとか、そこまで考えないと思いますが、2社で100万円、3社で120万円〜150万円をキャッシングしている場合、月々の利息はけっこう負担になり、小遣い制の既婚者の人などは特に返済が厳しくなる頃です。

 

そんな借金苦の生活から抜け出す方法はいくつかありますが、一番簡単な方法は、低金利のローンへ借り換えすることなのです。

 

低金利で借り換え+複数借入をまとめる、一本化すれば今までの返済よりも目に見えて楽になるケースはかなり多くあるのです!

キャッシング借り換えするメリット

メリットはやはり金利が下がることです。今まで年率18%のキャッシングから、10%のキャッシングへ借り換えしただけでも、利息は大きく違います。利息が違うことは、同じ金額を返済したとしても、元金に入る金額が違うので、低金利の方が早く完済することができるのです。

 

なぜこんなにキャッシングの金利は高いのか?と返済の負担が大きくなると誰でも考えてしましますが、そもそも、借りる時には金利の説明も受け、納得して借りたはずなのに、返済が苦しくなると、金利について不満を言ってしまう・・・ これは誰でも同じです。

 

友達に借りたお金を返す時は、貸してくれてありがとうと言う気持ちで返しますが、キャッシング会社に返す場合はなぜか、もったいない気分になってしまうのです。借りる時には感謝して借りておいて、返す時は不満で返す。。。これはよくあることです。人間なんだもの。

低金利へ借り換えすれば返済金額も下がる?

低金利へ借り換えすることで、毎月の返済金額も下がる場合があります。それは利息発生が少なくなることから、借り換え前は毎月2万円の返済金額だったとしても、借り換え後は毎月1.5万円になることは比較的多いです。

 

早く完済したい人は、低金利で借り換え後も、同じ返済額を返済していけば、かなり早く終わることができます。それほど低金利へ借り換えることはメリットが多いことなのです。

キャッシング借り換えは簡単なのか?

キャッシングの借り換えは難しくありません。新しい会社でキャッシングをして、古いキャッシング先を完済すればそれで終わりです。問題なのは総量規制です。

 

総量規制とは年収3分の1までしか借りられない法律です。新たなキャッシングをする時、年収3分の1未満であれば何ら問題有りませんが、もともと借りているキャッシング残高と、新たな借入の額が年収3分の1を超えれば、総量規制によって新たな借入はできないからです。

 

その場合は、総量規制対象外の銀行カードローンで借り換え審査をするか、総量規制例外貸付の借り換え条項で審査をするかになりますが、貸金業者で借り換えする場合は、年収3分の1を超えるのであれば、借り換えローンとして審査を依頼しなければ、年収規制だけで即断りとなってしまう可能性もあることから注意が必要です。

キャッシング借り換え・おまとめなら総量規制対象外がおすすめ!

キャッシングの借り換え・おまとめはどうしても高額になることから、総量規制対象外へ申込みした方が断然にお得と言えます。

 

総量規制対象外はまず、年収の規制がないので、仮に年収の3分の1以上だったとしても、即断りにはなりません。そのうえで、借り換え目的ということを明確に伝えることは重要です。

 

なぜなら、借り換えであれば、貸付後に他社を完済することになりますので、件数増加が通常のローンとは違うからです。

 

今ある、借入の返済金額で問題なく支払をしているのであれば、借り換え後も返済は可能と見ることができます。

借り換え・おまとめローンは金利が低くならなければ融資ができない!

借り換えローン・おまとめローンの重要ポイントは、借り換え前よりも金利が少しでも低くならなければ、借り換え融資はできないということです。

 

高い金利へ借り換えする人などいないですが、審査結果で借り換え前と同じ金利で、返済額だけ下げました。と言われて借り換えしてしまう人もいるかと思いますが、総量規制例外貸付条項では、必ず金利が下がることを必須としている為、金利は必ず下がることになります。

 

このようにキャッシングの借り換えは非常にメリットが高く、さらに複数借入をおまとめローンで一本化することで、そのメリットは拡大するのです。

 

今返済が厳しいと思っている人は、これから先もっと苦しくなる可能性もあります。今のうちに低金利のキャッシングへ借り換えすることを検討してみてはいかがでしょうか。