銀行カードローン審査

銀行カードローンの審査に通るには?

銀行カードローンと言えば、メガバンクの三菱東京UFJ銀行カードローンや、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどが有名で、今は銀行でも消費者金融と同じ市場でガンガン広告宣伝をしている時代となりました。

 

消費者金融と、銀行カードローン、どちらで借りたいですか?と多くの人に聞けば、ほとんどが銀行カードローンと答えるでしょう。それは、銀行による安心感も支持される大きな原因ですが、やはり消費者金融よりも低金利になることが大きな要素と言われています。

 

銀行カードローンは金利が安いとなぜみんなが知っているのか?本当はよく知らない人の方が多いはずですが、やはり銀行というブランドによって、誰もが金利を安く借りられると思っているのです。消費者金融が銀行の傘下になったメリットとしては、銀行のグループ会社になったことでの借入信用度が上がる点でしょう。

銀行カードローン審査は通るのか?

銀行ローン審査について、あまり語られてはいませんが、実際に借りようと思って、自分自身が審査に通るのか?と言う問題がでてきます。

 

銀行と聞くと、低金利で安心して借りられるメリットの部分もありますが、審査が厳しいというデメリットのイメージも付いて回っています。低金利で借りたいと思っても、審査に通らなければ当然借りることができず、無駄な時間となるのはよくあることです。

銀行カードローン審査と通るには保証会社の審査が重要!

銀行カードローンの審査に通るには、その下についている保証会社の審査に通らなければ借りることはできません。保証会社とは、大手消費者金融などの貸金業者がほとんど付いており、そこの銀行のグループ会社や子会社などの消費者金融があるのであれば、間違いなく子会社の貸金業者が保証会社となっています。

 

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社は、グループ会社のアコムです。三井住友銀行カードローンの保証会社は子会社のプロミスです。みずほ銀行カードローンは、グループ会社のオリコとなっており、まずは保証会社の審査に通る事が第一前提とも言えるのです。

 

そこで、まず自分自身が保証会社の審査に通るかどうかを考えることが重要になってきます。もし、アコムやプロミスで審査が断られているのならば、バンクイックや三井住友銀行カードローンでは審査には通る可能性が極めて低いと言えるでしょう。

 

逆に、アコム審査やプロミスで審査を通過しているのならば、銀行カードローンの保証会社の審査は通る可能性が高く、保証会社の審査が通った場合、銀行カードローンの審査は高確率で通過することができるのです。